毛穴が目立たない肌とは?目立つ毛穴の種類とそのケア方法

女性の小鼻

まず、毛穴の数は生まれてから死ぬまで変わらず、そして、毛穴の大小も含め、その数も遺伝によるものだということをご存知でしょうか?

ですが、同じ人でも、ケアせずに過ごしていると、年を重ねるごとに確実に毛穴が目立ってきてしまいます。

トラブル毛穴の種類とそれぞれに適したケア方法を知り実践することは、毛穴の目立たない美しいお肌を手に入れるためにとても重要なことなのです。

毛穴の種類には大きく3つあります。

一つは乾燥によるものです。乾燥はお肌のキメの乱れを引き起こします。

キメ(肌理)とは毛穴と毛穴を結んだ三角形のことを指すのですが、この三角形の内側にあたる膨らみが乾燥によりしぼんでしまうとキメが乱れ、埋もれていたはずの周囲の毛穴がめだってきてしまうのです。

二つ目には、毛穴の汚れ詰まりです。詰まりにより毛穴が広がったり、汚れが炎症などを引き起こして色味を帯びることで目立つようになってしまいます。

最後に、たるみによるものが挙げられます。これは毛穴自体が重力により伸びて正円だったものが細長い楕円形となり、その面積が大きくなることで作られる影も大きくなりより目立つようになるのです。

乾燥による毛穴の原因は、皮脂の取り過ぎと保湿ケアの不足です。皮脂の取り過ぎは洗顔方法や洗顔料自体が肌に合っていないことが考えられます。

メイク落としなら洗顔剤がメイクに馴染んだらすぐ落とすようにし、必要以上に長く肌に置かない様にします。指通りが良いからとメイクのついでにマッサージしてしまうことも控えます。

また、洗顔料は界面活性剤の含有量がより少ないものを選ぶようにします。クレンジングオイルよりはクリーム状のものが一般的には界面活性剤の含有量が少ないと言われています。

また、保湿ケアはセラミドなどが入った化粧水や美容液を使い、乳液やクリームなどできちんとケアします。毛穴の汚れ詰まり対策には、古い角質と汚れの除去が有効で、やり過ぎは禁物ですが、週に1回程度のピーリングを行うと良いです。

また、毛穴の汚れ除去には蒸しタオルで温め毛穴を開かせた後の洗顔や、クレイパックなどを使ったスペシャルケアもおススメです。最後に、たるみによるトラブルは、洗顔といった単体の対策ではなく、生活習慣の見直しと美容液といった二本立てで対策をすすめなくてはいけません。

血流とリンパの流れを良くするためにせ局的に運動を行ったり、マッサージなどを行います。そして、肌に弾力を与えるために抗酸化力の強いビタミンC食材を摂取すること、そして、コラーゲンを含む美容液でケアすることが有効といえます。

美白を目指すなら保湿力を大切に!肌のターンオーバーを整えることも重要

両手を広げる女性

美白と保湿って一見関係ないように思えますよね。しかし、保湿は美白スキンケアをするうえで無くてはならないものなのです。まず、大きな理由が乾燥してダメージを受けた肌は紫外線の刺激を受けやすいのです。

肌のトラブル色素沈着を防ぐのが保湿なのです。大体の美白スキンケアというのは肌の深層まで届かせて初めて効果が出ると思います。しかし、肌が乾燥していると自然にターンオーバーが行われず角質がはがれにくくなります。

その結果美白スキンケアをしても肌の奥まで成分が浸透しづらくなってしまうのです。

ですので美白ケアをする時の順序としては、まず日焼けをしたらしっかり保湿をしましょう。そののちに、美白スキンケアアイテムを使う事によりとても効率的な美白ケアが出来るでしょう。

しかもシミを防いで美白をたもつには、身体の中からのアプローチもひじょうに重要です。たとえば必要な栄養素をダイレクトに届けることができるサプリメントなどは美白に大いに役立ちます。

身体の内部からアプローチする大切さは以下のサイトで詳しく紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

■参照元
シミ対策サプリLABO|カラダの中からシミを消す方法

また美白成分の一部であるビタミンCなどは紫外線によって劣化して肌への刺激になったりシミを濃くしたりする場合があるので美白スキンケアは夜にした方が良いそうです。

逆に乾燥を防ぐ保湿は朝晩両方たっぷり行ってください。朝は、保湿を十分にした後にUVケアをしましょう。

美白になるためにターンオーバーを整える

美白を目指すのには、肌の乾燥を防ぐことは分かりましたが乾燥を防ぐことも美白スキンケアを使用するのも結局肌のターンオーバーを活性化させるためなのです。

ターンオーバーを活性化させると美白になれるのですが、残念ながら年齢とともにターンオーバーは衰えてきてしまいます。ターンオーバーとは、肌の奥で作られた新しい肌細胞が28日の周期で表面に上がってきて古い肌細胞と入れ替わることをいいます。

赤ん坊や小さな子供のお肌はとてもきれいですよね。これは正常にターンオーバーが繰り返されて皮膚にできたメラニン組織などが古い角質とともに落ちているからなのです。

ターンオーバーが衰えてきた大人にどうすれば整える事が出来るのでしょう。肌の深層にある繊維芽細胞を再生するしかないのです。

繊維芽細胞とは、私たちのお肌の中のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞の事です。この繊維芽細胞を増やす、活性化させるのに美容外科などで細胞注入などが行われています。

またエステサロンでは、ビタミンCなどの繊維芽細胞を活性させる成分を肌に届ける事と、血行を促進する施術が行われています。

これを自力で良くする方法は、ズバリ 背筋を伸ばすことだそうです。
活性化を高める成分を出すミトコンドリアが背筋と太ももの筋肉に含まれているからだそうです。

一見関係のないような姿勢と美白ですがこんなところで結びついていました。
是非背筋を伸ばして肌のターンオーバーを活性化させましょう。

美肌を作る保湿と生活習慣とは・・・?身体の外とうちの両側からのケアが大切

肌の綺麗な女性

美肌になりたい、と女性なら誰しもが持つ願望ですが、その方法は様々です。

美肌成分の豊富な化粧品やサプリメントを利用したり、今はいろいろな美容方法が溢れています。

どの方法が自分に合っているか見極めて、効率のいい美容方法を行う事が美肌作りには重要だと言えます。

人の肌は一定の周期で『ターンオーバー』を繰り返し、肌が生まれ変わるという性質を持っています。この時、新陳代謝が活発だとこの作用がスムーズに行われ、肌を綺麗に保つ事が可能です。

その際に必要なのは、肌に充分な水分があるかどうか、です。

吹き出物や毛穴の黒ずみといった肌トラブルは、ほとんどが『肌の水分不足』のため起こります。肌の奥まで水分が行き渡っていないために、肌が余分な皮脂を生み出して肌を守ろうとするため、ベタつきや皮脂が原因の吹き出物の原因になってしまいます。

これらを改善にするには、効率的に肌の奥へ保湿成分を与えてあげる事が大切です。有名な保湿成分には『ヒアルロン酸』や『コラーゲン』などがあります。これらの成分を補った化粧水やクリームなどの基礎化粧品を使用する事で、肌トラブルを抑えられる効果が高くなります。

保湿成分を肌に浸透させた後も、必要なのは浸透させた保湿成分を逃がさないようにする事です。その為には、化粧水の後にクリームや美容液で肌に蓋をします。

美容液だけで保湿を補う方法もありますが、肌には水分が欠かせないため水分がない状態で保湿成分を摂り入れても、肌の奥まで浸透しない場合が多いです。

スキンケアの基本は、化粧水での保湿をした後、クリームなどで蓋をして美容成分を逃がさないようにする、という方法が一番効果的です。大抵の肌トラブルはこれだけでも改善する可能性があるため、あれもこれもと美容成分を摂り入れるよりは効率的だと言えます。

また肌は内側からもケアする事が大事です。基礎化粧品などで外側からケアした後は、栄養を摂り入れて体内からケアするようにしましょう。

肌に良いとされている栄養は『ビタミン類』です。特にビタミンCは保湿効果を高めてくれる働きがあり、ビタミンBには新陳代謝を活発にさせる働きがあります。

これらの栄養は食事で摂り入れられるため、普段の食事を意識する事が大切です。

食事が難しいという方は、サプリでも効果はあるので試してみてください。

美肌を作るためには、毎日の食生活や生活改善が効果的です。一度自分の生活を見直して、改善出来るところは改善し、美肌と身体にいい生活を送るよう心がけてください。

アトピー肌の方の化粧水の選び方!症状のコントロールはステロイドを基本軸に

アトピーで腕をかく女性

アトピー肌とはアトピー性皮膚炎をおこしている肌の状態のことをいいます。

アトピー性皮膚炎の主な症状としては、乾燥・鱗屑・紅斑・丘疹・痂皮・びらん・苔癬化など様々な肌トラブルを起こす全身症状のことをさします。

皮脂の分泌量は極端に少ないとされ、角質層の含まれる水分量も極端に少なくなってしまいます。肌のバリア機能はとても弱い状態です。そのため、肌トラブルの症状をおさえること、緩和させることと同時に保湿ケアが大切となってきます。

アトピーの原因については、はっきりとした因果関係が分かっていないため、確立した治療法はないとされています。

アレルギー反応という研究結果もありますし、遺伝的要素でアトピー素因を持っているという研究結果もあります。大切なのは、常に肌の状態を把握し、状態に応じたスキンケアをおこなっていくことになります。

部位ごとに状態が違う場合が多いのですが、細やかなケアが綺麗な肌をつくってくれますので、しっかりとスキンケアを怠らないようにしましょう。

◎化粧水選びのポイントは

アトピー肌の場合の化粧水選びのポイントは、保水力と保湿力です。そして、特に肌に優しい製品である必要があります。

どうしても皮脂の分泌量が少ないために、肌はいつも乾燥しがちです。そのため、保水力を持つ成分をしっかり角質層へ浸透させてあげることと、更に大事なことは保湿、つまり水分を蒸発させないために油分を補ってフタをしてあげることです。

炎症がおきている部位には、しっかりと炎症をおさえる治療薬を使うことも大事です。炎症のある間は特に微量の刺激でも炎症を広げてしまう可能性もあるため、刺激のない化粧水やクリームを使うことをおすすめします。

保水力のあるヒアルロン酸やコラーゲンの成分をしっかりと角質層へ浸透させる低分子の化粧水を使い、刺激の少ないワセリン類の中でもプロペトやサンホワイトなどを使用すると良いかもしれません。

化粧品では全成分表示が義務付けられていますので、配合成分が必ず記載されています。刺激となりうるアルコール類・化学薬品類などが含まれていないものを選ぶようにすると良いですね。

◎ステロイド軟膏等での症状のコントロールが大切

ステロイド軟膏ときくと、悪い治療薬というイメージがどうしても抜けないのではないでしょうか。そして、アトピーの人は必ずといっていいほど目に止めたことがあると思いますが、“脱ステロイド療法”の数々。

それでも、今ここで起きているアトピー性皮膚炎の症状と思われる炎症には、ステロイド軟膏などの治療薬が有効ですね。なかなか根治しにくいと言われ、親も子も必死で根治療法を探しながら一進一退を繰り返す傾向があります。

厄介な症状ではあります。ひとつの考え方として、ステロイド軟膏等での症状のコントロールも大切ではあります。

今ある炎症をしっかり抑えて、保水・保湿のスキンケアを入念におこなうというのは、対症療法ではありますが、今より悪化させないためには必要なことでもあります。

弱まっているバリヤ機能を補ってあげて、少しでも良い状態の肌への導いてあげると、症状によるストレスや乱れる生活習慣などは軽減されるのではないでしょうか。

お肌の保湿に欠かせない成分「天然ヒト型セラミド」のすごさに迫る

皮膚の構造のイラスト

皮膚は、表面から見ていくと「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造で成り立っています。

更に、その一番上にある「表皮」は、角質・層顆粒・有棘・基底という層によって構成されています。

その角質層にあり、細胞間を埋める役割をしているのが、「細胞間脂質」。

これは、乾燥などのトラブルから肌を守ってくれるとされ、バリア機能を高める働きがあるため、肌年齢を保つためには欠かせない成分です。

この重要な「細胞間脂質」の半分もの割合を占めるセラミド成分は、1から7まで全部で7種類あり、中でも一番保湿力に効果を発揮するのが「セラミド2」で、「ヒト型セラミド」と呼ばれています。

このようにセラミドは元々肌に含まれている成分なのですが、加齢や乱れた食生活など、またはストレスなどによって生成が上手く機能しなくなって減少し、それに比例して肌の保湿力も低下していきます。

そんな中、色々な素材をもとにしたセラミド商品が登場し、不足しがちなこの成分を補うことができるようになりました。

化粧品などで外側の肌から浸透させるものと、サプリメントなどで内側から補うものとがあります。

年齢を重ねるごとに減少していくセラミド成分

このセラミド成分は20歳頃から減り始めるとされていて、40歳前後で約5割まで減り、70歳前後で約3割の含有量になってしまいます。

これが原因となって肌の乾燥や老化に繋がっていきますので、セラミド成分は少しでも蓄積するように心がけなければなりません。

まずは、自分自身でできることから始めてみましょう。

洗顔方法や入浴時間を見直して肌の再生力を強めたり、毎日の食事や運動を見直すことでセラミドの生産を促進させ、健康的な肌を保つことが重要です。

それでも肌の乾燥やたるみが気になり始めたら、化粧品やサプリメントで補うと良いでしょう。

セラミドには「ミルクセラミド」「植物セラミド」「合成ヒト型セラミド」「天然ヒト型セラミド」「ミルクセラミド」などがあり、 多くの化粧品やサプリメントは人工的に作られたバイオセラミド「合成ヒト型セラミド」を配合しているものが主流になっています。

この中でオススメするのは「天然ヒト型セラミド」で、その保湿力は「植物セラミド」の15倍、「合成ヒト型セラミド」の3倍と圧倒的に高くなっています。

セラミド配合化粧品を正しく選び、しっかりと角質層の隅々まで浸透させることが大事です。

セラミド配合化粧品やセラミドを含むサプリメント、そして食事などからも継続して摂り、肌の水分保持機能を改善させハリと弾力性のある肌を取り戻しましょう。

自分に合った化粧品で効果的にエイジングケア!いつから始めるのが最適?

様々な悩みに対応してくれる数多くのエイジングケア化粧品が市販されています。配合されている美容成分によって効果が違ってきますので、自分に合った化粧品を選ぶ必要があります。

美白効果を希望するのであれば、ビタミンC、アルブチン、プラセンタ、ハイドロキノン、リノール酸Sなどがあります。保湿効果を高めたい場合は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、NMFなどの成分配合のものがオススメです。

これらの保湿成分は、肌へのハリや弾力を蘇らせる効果も期待できます。

この他、抗酸化作用の働きがあるフラーレン、アスタキサンチン、ビタミンC、細胞活性化に効果的なナールスゲン、プラセンタ、スクワレンなどもあります。

エイジングケア化粧品は、こういった美容成分が複数配合されており、肌の老化を抑え、若々しい肌へと導いてくれる効果が期待できます。

ただ、それぞれの化粧品によって含まれる成分や配合量などが違いますので、自分の肌に合わせて選ぶ必要があります。

そのためには、自分の肌を健やかな美しい状態にするには、何を改善していけばいいのかを知っておくことも大切です。

■エイジングケア化粧品を使い始める時期と選び方

エイジングケアと聞くと、30代40代ぐらいの年齢から始めるケアのように思いますが、実は、20代から始めても早くはありません。

肌は、20代後半から老化がどんどん加速するからです。そのため、早く始めればその分、その効果は10年後20年後に大きな差となって現れます。

肌トラブルが起こる前から始めるのがベストです。

そんなエイジンングケアに使用する化粧品を選ぶ時、自分に合ったものを選ぶのはもちろんですが、他にも気をつけたいポイントがあります。

まずは、成分が配合されている分量もチェックすることです。○○成分配合と書かれていても、それをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

ほんの0.0001%配合されていても、配合されていることになるからです。実際にどれぐらいの量が配合されているのか、十分な効果を期待できそうかをチェックしておくことが大切です。

また、美容成分以外の成分も確認しておくことが大切です。

香料、着色料、鉱物油、シリコン、パラベンなど、こういった成分は肌に刺激が強いので、アレルギーや炎症などを起こす原因になることもあります。

せっかく美肌づくりを目指すのですから、出来る限り肌に負担がかからない化粧品を選ぶこともポイントとなります。

化粧品を選ぶ時には、試供品などで試してから、本格的に使用するようにしましょう。自分に合った化粧品を使うことで、より高いエイジングケア効果が実感できます。