お肌の保湿に欠かせない成分「天然ヒト型セラミド」のすごさに迫る

皮膚の構造のイラスト

皮膚は、表面から見ていくと「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造で成り立っています。

更に、その一番上にある「表皮」は、角質・層顆粒・有棘・基底という層によって構成されています。

その角質層にあり、細胞間を埋める役割をしているのが、「細胞間脂質」。

これは、乾燥などのトラブルから肌を守ってくれるとされ、バリア機能を高める働きがあるため、肌年齢を保つためには欠かせない成分です。

この重要な「細胞間脂質」の半分もの割合を占めるセラミド成分は、1から7まで全部で7種類あり、中でも一番保湿力に効果を発揮するのが「セラミド2」で、「ヒト型セラミド」と呼ばれています。

このようにセラミドは元々肌に含まれている成分なのですが、加齢や乱れた食生活など、またはストレスなどによって生成が上手く機能しなくなって減少し、それに比例して肌の保湿力も低下していきます。

そんな中、色々な素材をもとにしたセラミド商品が登場し、不足しがちなこの成分を補うことができるようになりました。

化粧品などで外側の肌から浸透させるものと、サプリメントなどで内側から補うものとがあります。

年齢を重ねるごとに減少していくセラミド成分

このセラミド成分は20歳頃から減り始めるとされていて、40歳前後で約5割まで減り、70歳前後で約3割の含有量になってしまいます。

これが原因となって肌の乾燥や老化に繋がっていきますので、セラミド成分は少しでも蓄積するように心がけなければなりません。

まずは、自分自身でできることから始めてみましょう。

洗顔方法や入浴時間を見直して肌の再生力を強めたり、毎日の食事や運動を見直すことでセラミドの生産を促進させ、健康的な肌を保つことが重要です。

それでも肌の乾燥やたるみが気になり始めたら、化粧品やサプリメントで補うと良いでしょう。

セラミドには「ミルクセラミド」「植物セラミド」「合成ヒト型セラミド」「天然ヒト型セラミド」「ミルクセラミド」などがあり、 多くの化粧品やサプリメントは人工的に作られたバイオセラミド「合成ヒト型セラミド」を配合しているものが主流になっています。

この中でオススメするのは「天然ヒト型セラミド」で、その保湿力は「植物セラミド」の15倍、「合成ヒト型セラミド」の3倍と圧倒的に高くなっています。

セラミド配合化粧品を正しく選び、しっかりと角質層の隅々まで浸透させることが大事です。

セラミド配合化粧品やセラミドを含むサプリメント、そして食事などからも継続して摂り、肌の水分保持機能を改善させハリと弾力性のある肌を取り戻しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です