美白を目指すなら保湿力を大切に!肌のターンオーバーを整えることも重要

両手を広げる女性

美白と保湿って一見関係ないように思えますよね。しかし、保湿は美白スキンケアをするうえで無くてはならないものなのです。まず、大きな理由が乾燥してダメージを受けた肌は紫外線の刺激を受けやすいのです。

肌のトラブル色素沈着を防ぐのが保湿なのです。大体の美白スキンケアというのは肌の深層まで届かせて初めて効果が出ると思います。しかし、肌が乾燥していると自然にターンオーバーが行われず角質がはがれにくくなります。

その結果美白スキンケアをしても肌の奥まで成分が浸透しづらくなってしまうのです。

ですので美白ケアをする時の順序としては、まず日焼けをしたらしっかり保湿をしましょう。そののちに、美白スキンケアアイテムを使う事によりとても効率的な美白ケアが出来るでしょう。

しかもシミを防いで美白をたもつには、身体の中からのアプローチもひじょうに重要です。たとえば必要な栄養素をダイレクトに届けることができるサプリメントなどは美白に大いに役立ちます。

身体の内部からアプローチする大切さは以下のサイトで詳しく紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

■参照元
シミ対策サプリLABO|カラダの中からシミを消す方法

また美白成分の一部であるビタミンCなどは紫外線によって劣化して肌への刺激になったりシミを濃くしたりする場合があるので美白スキンケアは夜にした方が良いそうです。

逆に乾燥を防ぐ保湿は朝晩両方たっぷり行ってください。朝は、保湿を十分にした後にUVケアをしましょう。

美白になるためにターンオーバーを整える

美白を目指すのには、肌の乾燥を防ぐことは分かりましたが乾燥を防ぐことも美白スキンケアを使用するのも結局肌のターンオーバーを活性化させるためなのです。

ターンオーバーを活性化させると美白になれるのですが、残念ながら年齢とともにターンオーバーは衰えてきてしまいます。ターンオーバーとは、肌の奥で作られた新しい肌細胞が28日の周期で表面に上がってきて古い肌細胞と入れ替わることをいいます。

赤ん坊や小さな子供のお肌はとてもきれいですよね。これは正常にターンオーバーが繰り返されて皮膚にできたメラニン組織などが古い角質とともに落ちているからなのです。

ターンオーバーが衰えてきた大人にどうすれば整える事が出来るのでしょう。肌の深層にある繊維芽細胞を再生するしかないのです。

繊維芽細胞とは、私たちのお肌の中のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞の事です。この繊維芽細胞を増やす、活性化させるのに美容外科などで細胞注入などが行われています。

またエステサロンでは、ビタミンCなどの繊維芽細胞を活性させる成分を肌に届ける事と、血行を促進する施術が行われています。

これを自力で良くする方法は、ズバリ 背筋を伸ばすことだそうです。
活性化を高める成分を出すミトコンドリアが背筋と太ももの筋肉に含まれているからだそうです。

一見関係のないような姿勢と美白ですがこんなところで結びついていました。
是非背筋を伸ばして肌のターンオーバーを活性化させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です